プラスチック射出成形金型の設計・製作・修理・改造は大阪・堺の樋口製作所にお任せください。

TEL. 072-255-5563
FAX. 072-255-8828
icon お問い合わせ

  • FAQ
  • 金型製作イメージ

    ご挨拶

    私たちが「樋口金型製作所」として創業してから早40年。バブル経済の崩壊後は、安価な海外製品の流入、製造技術の海外流出と、日本の製造業にとって厳しい時代が続いています。このような逆風にさらされながらも、私たちが今なお存続できているのは、取引先様のためになる仕事をどこまでも真面目にやり通してきたからでしょう。

    ちょっとウルサイ金型屋。

    取引先様のためになる仕事。それは、何もかもご要望通りに素直に仕事をするということではありません。
    例えば取引先様から図面を受け取った時、こんなご提案をすることがあります。

    「スライドコアは入れ子方式にしましょう」※1)
    「ここは、少し精度を落としませんか?」※2)

    私たちは、「取引先様がよい仕事をする」ために本当に必要だと思えば、敢えて時間をかけることも、精度を下げることもご提案します。取引先様に「樋口さんはいつもウルサイ。でもいい仕事をしてくれる」と笑いながら言っていただけるのは、最高のお褒めの言葉だと思っています。

    取引先様とともに、これからも。

    成形品は金型と成形という2つの異なる技術が組み合わせられて初めて完成するものです。だからこそ私たちは、言われた通りに金型を提供するだけではなく、成形技術を十分に理解した上で取引先様が目指す製品をともに作り上げていくべきだと考えます。
    これまでも、そしてこれからも。皆様とともに時代を歩み続けるパートナーとして、お役に立てることを心から願っています。

    代表者 樋口 良一 代表写真

    ※1)昨今は納期の短縮・コスト低減のために、モールドベースやスライドコアへの直彫り方式を希望される成形業者様が増えています。しかし直彫り方式の金型では、将来的に金型の劣化・改造の必要等が生じた場合に対応が難しく、大幅なコスト増大につながる場合もあります。

    ※2)「高精度な製作技術」をうたう金型業者は数多くあります。精度を上げる=工数が増える=金型製作費が上がる、金型業者にとって好都合なことかもしれません。しかし実際には、成形時の寸法公差の方が金型の精度を上回る可能性があったり、そもそも製品の用途を考えれば、精度が必要とされないこともあります。このように無駄な工数・コストがかかると判断される場合は、たとえ指示書に書かれていても、私たちの方から成形担当者様に代替案をお伝えしています。

    事業所概要

    商 号 樋口製作所
    代表者 樋口良一
    所在地 〒591-8021 大阪府堺市北区新金岡町5-7-509
    TEL 072-255-5563
    FAX 072-255-8828
    設 立 1973年4月
    資本金 200万円
    取引銀行 りそな銀行新金岡支店
    大阪信用金庫金岡町支店
    成協信用組合天美支店
    事業内容 プラスチック射出成形金型設計・製作
    金型・金属部品等の修理・改造
    各種金属・他素材加工
    製作実績 精密駆動部品、弱電部品、搬送機械部品、通信機器部品、日用雑貨、他
    主要取引先
    (敬称略)

    アイディ産業株式会社、株式会社伊藤金属製作所、オービー工業株式会社、株式会社協和、株式会社田光製作所、サンエイプラテック株式会社

     

     

    pagetop

    お問い合わせ

    金型製作のご要望、修理・改造のご相談など
    お気軽にお問い合わせください!

    TEL. 072-255-5563
    FAX. 072-255-8828

    E-mail: ehm@hera.eonet.ne.jp

    (休業日:日祝・第1土曜)

    ※営業日以外でもご相談に応じます。 緊急の金型修理が必要な時など、すぐにお知らせください。